変形性股関節症

歩くのが辛い、階段を上がるときに痛む 何をするにも痛かった変形性股関節症がなぜ?当院の「無痛整体」を受けると股関節の痛みから解放され、普段の生活が今よりずっと楽になるのか?

歩くのが辛い、階段を上がるときに痛む 何をするにも痛かった変形性股関節症がなぜ?当院の「無痛整体」を受けると股関節の痛みから解放され、普段の生活が今よりずっと楽になるのか?

こんな症状に将来の不安を抱えていませんか?

  • 少し長く歩くと、股関節が痛む。
  • 立ち上がるときや、歩き始めに、股関節が痛む。
  • 股関節の痛みのせいで、よく眠れない日がある。
  • 階段を上がるとき、股関節が痛む。
  • あぐらをかくと、股関節が痛む。
  • 股関節の痛みで、靴下が履きにくい。床のものが拾いにくい。
  • 整形外科や整骨院に行ったけど、なかなか良くならないし、なぜ痛いのか説明もない。
  • 手術で人口関節にすると言われたけど、それだけは避けたい。

辛いですよね。

でも、もう大丈夫ですよ。あなたと同じ、股関節の痛みで悩んでいた人が、当院の施術で改善されております。

 

まずは当院で痛みが改善され将来の不安から解放された喜びの声をご覧ください

どこに行っても治らなかった股関節痛、ほとんど痛み無く過ごせてます。

アンケート用紙

私は、股関節痛で、どこの病院へ行っても痛みがとれなかったの
で、HPであおやま整骨院を知り、本当にこの痛みが治るのかと
思い半信半疑で来ました。
始めて治りょうを受けた時、えっ゙これで終わりと思うくらい
痛みもなく、ゆっくりとていねいな治りょうをして頂きました。
何度か来たら、あんなにも痛くて歩くのもつらかったのに、
普段の生活でほとんど痛みがなく過ごせています。
ありがとうございます。

T.S.様  37歳 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

(股関節痛が)すごく楽になりました。

アンケート用紙

立っても座ってもツラかったものが
すごく楽になりました。
「えっ?これだけ?」て思うくらい痛い
治療もなくておどろきました。

T.Y.様 36歳 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

変形性股関節症、手術を回避できそうです。

お客様写真
 変形性股関節症で約10年、整体やストッレッチで症状を
和らげてきました。最近、痛みが強くなり、歩行時の激痛、
安静時もお尻から膝の横まで、痺れが出て、手術を覚悟
していました。
 貴整体院を、webで知り、施術を受けて2カ月がたちました。
はじめの6回で、お尻から太もも、膝にかけて感じていたしびれ
がとれました。歩行時の股関節の痛みの頻度が減少しました。
施術後すぐに、劇的な改善はありませんが、週1回のペースで通院
するうちに、少しずつ楽になっています。手術を回避できそうです。
 

H.Y.様 45歳 大学職員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

なぜ、あなたの股関節の痛みは今まで改善しなかったのか?

筋肉の働きを改善させてないし、適切な運動療法ができていないからです。

変形性股関節症の方は、股関節の形に問題があります。

股関節の中で、大腿の骨を受け止める、骨盤側の骨の凹み(寛骨臼)が小さく、不安定になっています。

このことを、医学的には、寛骨臼の臼蓋形成不全と言います。

大腿骨の先端を、大腿骨頭と言いますが、寛骨臼が、大腿骨頭を包み込む面積が狭くなっている状態です。

そうなると、体重の負荷が、狭い面積に集中します。荷重によって関節軟骨がすり減りやすくなります。

股関節に痛みが起こる大きな原因の一つは、関節軟骨がすり減ることです。 関節軟骨がすり減ると、滑膜という組織に炎症が起こります。これが痛みの原因です。

このような状況で、股関節に負担をかけないようにする必要が指摘されます。

確かに、過剰な負担は関節軟骨がすり減る原因になります。

しかし、負担をかけまいとして、運動が不足すると、次のような問題が起こります。

A.筋肉の働きが悪く筋力が低下する。B。関節軟骨の質が劣化する。

 

 

A.不安定な関節をささえるための、唯一の頼りは筋肉の働きです。ですから、なるべく関節に負担をかけすぎないようにしながら、筋肉の働きを高める必要があります。

なぜ筋力と言わずに、筋肉の働きというのかというと、筋力をアップするためには、まず筋肉の働きを高める必要があります。そうすれば、筋トレの効果も上がります。

しかし、一般的にはこの点が見過ごされがちです。

筋肉の働きを正常化する方法は、筋肉と神経の連絡を改善していくことです。

 

 

B.関節軟骨の主成分はコラーゲンです。コラーゲンは、網の目状の組織で、網の目の中に水分があります。この水分が枯渇すると、軟骨の組織はいわゆるスカスカの状態になってしまうことが想像されます。

つまり、軟骨部分にも循環を促す刺激が必要だと考えます。

 

この2点がなされてないと、変形性股関節症による、股関節の痛みを改善することは難しいと考えます。

 

最後にもう一点ですが、当院では、訪れた患者さんの行っている運動療法を必ず見せていただくようにしています。 ほとんどちゃんとできている方はおられません。 一見同じような動きでも、ちょっとした姿勢の問題や、足を上げる角度に違いによって、運動療法の目的は、まったく達成できません。

病院やいろんな治療院でも、説明を受けたり、図を頂いたりしてるようですが、一般の方は、実際にやって見せ、やっていただく。そしてそれを何度か繰り返さないと、正確で効果的な運動療法を行うことが難しいようです。

そもそも変形性股関節症による、股関節の痛みの原因は

適切な筋肉のケアーがなされてないことと、運動療法のやり方が正しくないことです。

変形性股関節症により、関節面が狭まると、それを回復することは、手術をしない限り無理です。

でもあなたは、なるべくなら手術をしないで、関節をもたせたいと思っておられますか?

そうであるなら、筋肉の働きを高めるながら、同時に、適切な、一人ひとりの状態にあった、運動療法を行っていくことが大切です。

運動療法のやり方が正しくなかったり、運動療法ができるような筋肉の状態が作られてなければ、あなたの努力は、空振りになってしまうかもしれません。

では、なぜ当院の施術で変形性股関節症の痛みが改善するのか?

筋肉の働きを改善しながら、適切な運動療法を、徹底的に指導するからです。

一般的な、整体の考えでは、筋肉の硬さを取る、緊張を解消するということを、施術の目的にしています。

しかし、変形性股関節症においては、筋肉が柔らかくなっても痛みの緩和につながらないと考えます。

筋肉がちゃんと働いてこそ、関節を守り、関節を動かすことができるのです。

リハビリの効果を上げるためにも、それが大切です。

筋肉の働きを改善するために、当院ではPNFという技術を使って、筋肉と神経の連絡を改善していきます。

それと同時に、内臓の働きを改善することにより、関節組織や周囲の筋肉を、なるべくしっかりしたものにしていきます。

これは、内臓の働きが、体全体を下支えしているという考えに基づきます。

これは、自律神経整体という方法で行います。

リハビリとしての運動療法は、お一人お一人の状態に合わせて指導していきます。ある人にとっては適切な運動量であっても、ある人にとっては、きつすぎる場合があるからです。

また、運動療法には、必ず守らなければいけない、運動の要素があります。しかし、これが欠落している方が多いです。これを繰り返し指導して、効果的な運動療法を行っていただきます。

ホームページをご覧いただいた方限定の特典

まずはお電話でご相談ください

医師からも推薦を頂いております

肩、膝や腰の痛みなどにはむしろ東洋医学がすぐれた治療効果をもたらす場合が多くあります。

私は40年近く医師として様々な患者さんを診て来ました。疾患によっては西洋医学が優れているものもあります。しかし肩、膝や腰の痛みなどにはむしろ東洋医学がすぐれた治療効果をもたらす場合が多くあります。
あおやま整骨院は私の弟が院長をしています。彼は新しい治療法の習得にも意欲的に取り組んでおり、すぐれた治療技術を持っています。
東洋医学、整体で治療を受けてみたいとお思いの方はぜひ一度受診なさることをお勧めします。

当院は多くの書籍にも紹介され、 他院の院長も指導しています

数々の書籍で当院が紹介されました!

他の整骨院や整体院の院長にも指導しています

では、なぜ他院では改善されなかった症状が当院では改善し、再発に怯えることのない生活を 送れるようになるのでしょうか?

それは他院とは考え方が根本的に違う 改善のための5つのステップにあります。

あなたの症状が、今まで治らなかったのは、その症状の本当の原因についてアプローチがなされていなかったからかもわかりません。

症状が出ている部分に原因があることは、むしろ少ないのです。

ですから当院では、お身体全体を詳しく検査して、本当の原因を探し出します。

最低限のやさしい刺激で施術

ご高齢の方でも妊婦さんでも 受けられるやさしい整体 整体って聞くと「ボキボキバキバキ」されるんじゃないのかな? なんて思うかもしれませんが、当院ではそういった施術は行っておりません。ボキボキ音を鳴らすことと改善することは全く関係がないからです。 当院はものすごく優しい刺激なのにしっかり改善する整体です。 そのためご高齢の方はもちろんのこと妊婦さんでも安心して受けることができる安全な施術です。

体の歪みを改善

痛み、その他の症状の原因は体のゆがみにあります 痛みの原因が痛みが出ている箇所にあることはほとんどありません。

痛みの多くが身体のゆがみにあります。 当院には正確に身体のゆがみを整える技術があります。 今ではあちこちに骨盤矯正や姿勢矯正をメニューにしている整骨院が増えてきましたが、そういったものとは明らかに違う矯正施術だと感じていただけるはずです。

筋肉の働きを改善

歪みを整えた体を筋肉の働きで維持します いくら身体のゆがみを整えたとしてもそれを維持することができなければまた痛みが出てきてしまいます。 整えた身体のゆがみを維持するのが筋肉の役目です。 当院ではあなたの筋肉の働きを改善する技術があります。 そうすることで健康な身体を維持し、痛みが再発しにくい身体作りを行うことができます。

内臓整体により内臓の働きを改善

内臓の働きが体の歪みに密接に関係 内臓と身体のゆがみが関係ある? ちょっと不思議に思うかもしれませんが、これは内臓の病気がある人の話ではありません。 内臓にも疲労がたまります。 内臓に疲労が溜まることで、人は自然と楽な姿勢を取ろうとします。 お腹が痛くなったら前かがみになりますよね? それと同じです。 ですがこれが身体のゆがみを発生させる原因ともなっております。 当院では内臓整体によって内臓の働きを改善することができます。

再発防止のための的確なセルフケアを指導

正しいセルフケアを教わっていない方が多いです どこの整骨院にいってもストレッチの方法を教えてもらったりすると思いますが、多くの場合決まったストレッチをどの患者さんにも教えているだけで、実際にその方の症状にあったセルフケアを適切に指導することができている整骨院はそれほど多くありません。 正しくないセルフケアはかえって症状を悪化させることがあります。 当院ではあなたの症状に合わせた正しいセルフケアをお伝えします。

以上の5つのステップを行っている整骨院は神戸ではおそらく当院だけだと思います。 若い頃だったら、「改善して痛くなったらまた通えばいい。」くらいにおもえるかもしれませんが、ある程度、年を重ねるとそうはいきません。 もう二度と痛みがでない身体作りをして再発のない生活を送ることが何より大切です。

ホームページをご覧いただいた方限定の特典

まずはお電話でご相談ください

なかなか改善しない変形性股関節症の痛みに悩む方へ

なかなか改善しない変形性股関節症の痛みで悩むあなた。私は、そういう方のお役に立ちたくて、この仕事をやっています。

なかなか改善しない痛みだから、それを改善 することに、やりがいを感じています。

変形性股関節症を長らく患っている方、色んな治療を受けても、なかなか改善しない方、どうぞ当院にお越しください。

一度きりの人生ですから、股関節痛などに悩まされず、ご自分の人生を、有意義に楽しく生きていただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あおやま整骨院あんど鍼灸院

0120-988-268

TEL.078-731-8805

0120-988-268
ネットから予約をする
受付時間
[平日] 午前9:00~12:30、午後16:00~19:30 [土曜] 9:00~13:00
定休日
木曜の午後、土曜の午後、日曜、祝日

〒654-0022神戸市須磨区大黒町1-2-11 エクセル坂宿 1F